遠近両用レンズとはどんなものか

遠近両用レンズとは2つの見え方ができるレンズの事で、上部分と下部分で違うレンズが入っていて視線を上下に動かす事で遠くも近くも見る事ができるんです。若いうちはまだ目の筋力もしっかりしていてピントを合わせて鮮明なのですが、老化と共に合わせづらくなり近くを見るのに陰りがさしてきて普通の老眼レンズだと近くのものが良く、遠くのものが見づらいという現象が起きてきます。遠近両用レンズには最も一般的な累進多焦点レンズがあり、これは目線を下に落とすと近くが良く目線を上げるごとに遠くが良くなるようになっており、手元とパソコンを交互に見るようなデスクワークに最適なものとなっています。部分の境がはっきりしないのが難点ですが、見た目が自然だったりフレームが自由に選べる等悪い所ばかりではありません。

2重焦点レンズは上の部分を中心に遠くが良いもので、下部分に近くが良いレンズが少しだけ入っています。良い点は視界に歪みがなくかけ始めてから慣れやすいというものですが、境目がはっきりしすぎていて少々見え方に問題が生じてくるのですが、変わるため遠近の感覚が狂ってしまったり近くが小窓のようにくっきりしているため遠近両用レンズの使用がバレてくるのです。目を使うと肩が凝ったり暗い場所で物が見えづらくなったとか、暗い所で目が疲れるなどしたら今一度レンズの交換を考えてみてはどうでしょうか。頑固な肩こりや頭痛が悩みであるのならば眼精疲労が原因なのかもしれません。

遠近両用レンズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です