遠近両用レンズを使うメリット

人間の視力は40代ごろからピントを合わせる力が衰えていき、近くのものが見えづらくなってしまいます。そのため、近くのものを見るときにはメガネを外したり、掛けたりするということがよくあります。この状態を老眼と言いますが、これは加齢によって目の中にあるピントを調節する水晶体が固くなってしまったり、水晶体の厚みを変える毛様体筋という筋肉が緊張して水晶体の厚みを変えにくくなっているためです。このような状態を改善するのに役立つのが遠近両用レンズになります。

遠近両用レンズは、上部に遠方を見るための度を入れ、下部に近くを見るための度を入れていることで遠くでも近くでも一本のメガネで見ることができる仕組みとなっています。遠近両用レンズには、累進レンズと二重焦点レンズの2種類を選ぶことができます。一般的に遠近両用レンズとして利用されているのが、累進レンズです。上部に遠くを見るためのレンズが配置されていて、下部の近くを見るためのレンズになだらかに変化していくため対象が見えづらい距離にあってもレンズを使う位置を変えることで見やすくできるというのがメリットです。

二重焦点レンズは、遠くを見るレンズに近くを見るレンズの小窓がついているというイメージです。近くを見る部分がはっきりしているため、見るのに慣れやすいというのがメリットです。また、ゴルフなど視線をよく動かすスポーツをしている、視野を広く保ちたいという人に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です