遠近両用レンズの仕組みとは

眼鏡をかける理由は人それぞれですが、遠視や近視を理由としてかける方は多いです。それぞれの状況に応じたレンズを選ぶ必要がありますが、遠視と近視の両方であるという方は眼鏡を付け替えなければなりませんでした。そこで生み出されたのが遠近両用レンズです。遠近両用レンズではレンズを横に3等分することにより、段階的に度数を調整する仕組みになっています。

その結果見たい物との距離に応じた度数が反映されます。しかしながら、少しでもずれが生じていると視野にゆがみが起こってしまうこともあります。それゆえに遠近両用レンズを購入する際には、自分用に調整されたものを使うことが大切です。遠近両用レンズにはハードタイプとソフトタイプがあります。

運転などをする方の場合には遠くを見る機会が多いと想定されるのでハードタイプを選択し、遠くを見る際の視野を広げるのが有効です。そうでない方の場合には中距離の視野を重視したソフトタイプがよく選ばれます。遠距離を見ることがほとんどない方は、中近両用レンズを選択することもおすすめ出来ます。中近では中距離と近距離をカバー可能となります。

室内で使う分にはうってつけといえるでしょう。一口に遠近両用レンズと言ってもメーカーごとにその内容は様々です。選び方次第で快適さが大きく変わるので、慎重に選ぶことをお勧めします。オーダーメイドでレンズを作成してもらうと、長きにわたって使用することが出来ます。

遠近両用レンズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です