遠近両用レンズが好まれる理由とは

若いときには、視力が下がっても、近視用の眼鏡やコンタクトレンズを購入するだけで済み、「遠近両用レンズ」なんて気にすることはないかもしれません。ですが年を重ねていくにつれて、遠くも近くも見づらく感じ、遠近両用レンズという眼鏡の便利さを痛感するのです。とは言っても、なぜ一つの眼鏡で遠くと近くの両方を見やすくすることが可能なのか、不思議に思うことはありませんか。そこで、遠近両用レンズの仕組みをご紹介しますので、購入の際の参考にされてください。

一般的な遠近両方に対応したレンズとは、上半分と下半分のレンズで構造が違っており、そのため、遠くと近くの両方が見やすいように設計されているのです。ハイグレードなレンズであれば、「両面設計」を採用することで、外側と内側の両方を使って歪みを補正するため、ストレスなく眼鏡を掛けられるという大きなメリットがあります。ただし、従来型に比べると両面設計の遠近両用レンズは金額が高くなりがちのため、初めて利用するという方は、まずはグレードにこだわらず、従来型のものから試してみるとよいでしょう。そこで眼鏡にストレスを感じるという場合は、グレードを上げて両面設計のレンズでストレスフリーな生活を楽しむことも可能です。

眼鏡というものはどうしても高額になりがちで、しかもレンズやフレームの種類が多いため、どうしても人によって「合う・合わない」の差が出てきます。そのため一度だけではなく、購入までに何店舗か店を回って決めるのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です