老眼には遠近両用レンズ

男女共に、年齢が40歳を過ぎた頃に感じる目の違和感。小さな文字が見えにくくなったり、ピントが合わせにくいなどの症状が出始めます。普段、メガネやコンタクトレンズを使用している方でも感じる症状です。一般的に老眼と呼ばれるものです。

サプリメントを服用など改善方法はいくつかありますが、まずは眼鏡を見直しましょう。老眼かもしれないと考えた時に、CMなどで目にする機会が多い遠近両用という機能を思い出すかと思います。普通のレンズと遠近両用レンズでは何が違うのでしょうか。遠近両用レンズは、「近視×老眼」「遠視×老眼」「乱視×老眼」と全ての方に向けたレンズです。

一昔前の遠近両用レンズといえば一枚のレンズの中に境目がハッキリと見えていました。その後、時代と共にどんどんレンズも進化をしていますが、一般的な遠近両用レンズは、特有の歪みや、焦点の合わせ方などに慣れが必要です。老眼かもと感じたら早めに慣れるようにした方が良いというアドバイスもあります。一部の眼鏡店ではストレスフリー遠近という車の運転時にも装着可能なメガネレンズも販売されています。

普段の眼鏡と、老眼鏡の二個持ちはかさ張りますし、付替えも面倒ですが遠近両用レンズの入った眼鏡でしたらストレスは軽減されます。また、ご自宅で使う場合が多い方向けや仕事で車を運転する方など見え方の違いもレンズ次第で変わります。ご自分のライフスタイルにあったレンズをしっかり選んでもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です