遠近両用レンズは使い方が異なる

最近では遠近両用レンズを利用すると言う人も増えており、若い頃近視で眼鏡などを利用していた人が高齢になると、これに遠視が加わり通常のメガネでは非常に見にくくなってしまうことから、遠近両用レンズを利用すると言う人が増えているのが実態です。しかしこの遠近両用レンズの場合には、一般的な近視用のメガネとは使い方が異なることを知っている人は決して多くはありません。遠近両用レンズはその焦点がレンズの位置によって異なるため、その部分を通してみないと目的のものがはっきりとは見えないと言う特徴があります。すなわち一般的なメガネの場合には全体が目的の屈折率を持っているため、どの部分で見ても同じように見えるのが特徴です。

そのため焦点を意識しなくても様々なものがはっきりと見える状態になりますが、遠近両用レンズの場合には特定の部分を通してみないとその部分がぼやけてしまうといった問題が生じることになり、この点に注意をしなければなりません。特に自動車の運転をする場合には注意が必要で、自動車の運転の場合には頭を動かさずに視線だけで様々な部分を見てしまう癖がついている人が多く、この場合には見えなくなってしまうと言うことも多いものです。一般的にはレンズの下の部分に遠視用の焦点があるため、この部分を遠くを見るときには見ないようにすることが良い使い方となります。一般的なメガネとはその利用法が異なることを十分に注意して、効果的に使うことが良い方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です