遠近両用レンズの仕組みについて

多くの人達にとってメガネは欠かせないものとなっています。道路を歩いていても、街角で多くの人がメガネをかけているのを見ます。このように、眼鏡は私たちの生活にとってポピュラーなものになってきています。その中には、ファッションのための伊達メガネや眩しさを防ぐためのサングラスなどをかけている人たちがいますが、それ以外の人達は遠視や近視の人たちです。

この人たちは、通常では焦点の位置が網膜の奥側や手前側にあります。裸眼の状態では、物をはっきり見ることができませんので、度の入ったレンズを使うということになります。多くの場合において、若い人たちには近視の人たちが数多くいます。年を取っていくとだんだんと遠視の人が増えて行きますが、人によってはある部分は近視であり他の部分が遠視であるという人達もいます。

そのような人たちのために遠近両用レンズというものが開発されてきました。このレンズを用いることにより、近視と遠視を持ち合わせてる人たちが快適な生活を送ることができるようになります。遠近両用レンズの構造としては、中央付近に遠視の人向けの配置され、下側には近視の人用のレンズが配置されています。このように二組のレンズを併用することにより、先ほど述べた人たちの生活が快適となってきます。

遠近両用レンズの中には、二つのレンズの境目をなくしスムーズに移行できるようになっているものも開発されました。見た目も一つのレンズに見えますので、見栄えも大変良くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です