遠近両用レンズとその利用について

街角を歩いていると、多くの人がメガネをかけていることに気がつきます。メガネには様々な種類があるのですが、伊達メガネやサングラスでない限り、遠視や近視で利用している人がほとんどです。そのようなメガネのレンズは、遠視用であれば凸レンズであり近視用であれば凹レンズという風になっています。これは人それぞれによって、通常の状態では焦点の位置が網膜の前に来たり後ろの方に来たりするためです。

ただ人によっては、この両方の状態が当てはまるという人がいることが知られてきました。眼球の形が老齢化などによって単純ではなくなり、近くを見るときは近眼であり遠くを見る時には遠視であるという人がいます。そのような人のために開発されているのが遠近両用レンズです。遠近両用レンズでは、近視と遠視の両方に対応できるようになっています。

その両者の切り替えをという風にして行うかと言うと、視線の位置を変えるということによって切り替えます。遠くのものを見る際には、視線をレンズの中央に持って行き見ることにより編集用のレンジとなり、近くのものを見る際には視線を落としてみることにより近視用のレンズとなります。そのような仕組みを採用することにより、遠近両用レンズは人親子を併せ持つ人にとって大変便利なものとなっています。一昔前までは、この二つのレンズが重ねられたようなものだったのですが、最近ではレンズの作成技術が進み滑らかに接続するようなものも開発されてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です