遠近両用レンズで生活を楽に

スマートフォンやパソコンなどの影響で、近視の人がとても増えています。眼鏡をしたりコンタクトレンズを入れたりして、近視を矯正している人は多いでしょう。しかし、近視用の眼鏡やコンタクトレンズのせいで、近くのものが見づらいと感じている人が一定数いると言われています。レンズによる近視の矯正は、遠くのものを見やすくするものです。

そのため、近くのものをそのレンズを通して見ると、ピントを合わせる筋肉がつらくなって、頭痛がしたり目が痛くなったりする場合があります。その解消法としては度数を下げることが挙げられますが、遠くが見づらくなるため、運転に適さなかったり遠くの文字が見えなかったりと、矯正している意味がなくなって、日常生活で困ってしまうことがあるでしょう。もうひとつの解消法として、遠近両用レンズを使う方法があります。遠近両用レンズは、一つのレンズの中に近視と遠視を矯正するレンズがあり、凹凸が使われています。

遠くを見る上の部分のレンズには近視用、近くを見る下の部分だけ遠視用のレンズの凹凸が用いられます。遠くを見ながら、スマートフォンや本など手元のものを見るときに、自動的にレンズが切り替わるため、頭痛が抑えられたり目の痛みを感じにくくなるでしょう。このように、遠近両用レンズを使った眼鏡やコンタクトなら、いちいち眼鏡を取り換えたり頭痛を我慢することなく、快適に生活が送れるため、若い人にも便利なアイテムと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です