遠近両用レンズの種類とその特徴

遠近両用レンズには、大きく分けて多焦点と二重焦点の2種類が存在しています。一般的な遠近両用レンズとされているのが、境目がなく自然なルックスの多焦点レンズです。その名称の通り、1つの眼鏡で遠くと近くの像を見ることができるようにレンズ内に複数の度数が設けられています。なお多焦点レンズの中にもさらにいくつかの種類に分かれており、遠近両用レンズユーザーの多くのシェアを得ているのが遠近レンズです。

中距離から近くまでを見ることのできる中近レンズ、遠くの像を見ることはできないもののデスク周りから手元のすぐ近くまでをすっきり見ることが可能な近々レンズも同じく多焦点に含まれています。従来より使われてきていたのが二重焦点レンズであり、小玉と呼ばれる近距離用の度数の箇所が1枚のレンズ内に設計されています。多焦点とは異なり境目がはっきりするため老眼鏡を装着していることが知られてしまう可能性が高いものの、度数の境界に発生しがちな歪みが存在しません。遠くと近くの視野はくっきりとしていてそれぞれが見やすいのが特徴であり、手元を見る作業が多い方は小玉が大きいものを、反対に遠くの像を見ることが多いケースについてはレンズ内の小玉の面積が小さなものを選ぶと良いです。

また遠距離と近距離に加えて中距離の3つの像を見やすくした、トライフォーカルレンズというものも存在しています。3つの距離に応じた度数が設けられていてくっきりと見えるものの、境界が目立ちやすいのが特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です